すべての接骨師会を比較できる
整骨院経営・開業のためのポータルサイト

日本最大級日本全国の柔整師会・接骨師会を比べ放題!

接骨師会とは

接骨師会は整骨院経営を後ろ支えする団体です。
日本におよそ100の団体があり、
それぞれ社団法人と任意団体に分かれます。

Point1

レセプト請求などの事務作業
雑務に時間を取られない

Point2

キャッシュフローの安定化
早期支払い対応

Point3

最新の業界動向
情報提供とセミナー

Point1

レセプト請求などの事務作業
雑務に時間を取られない

煩雑な事務作業から解放

保険を取り扱う整骨院は、月末になると保険請求をを行う必要があります。保険請求作業のためにはレセプトのチェック・発送という作業が毎月発生します。 接骨師会はこれらの作業の全てもしくは一部を代行します。

初めから知っている治療家はいない

レセプト請求などの手続きは専門学校では教わることがないため、開業以降に馴染みない作業に忙殺される院長先生も少なくありません。
何かあった際の対応も対応しているため、ご自身の整骨院経営に集中することが可能です。

サポート範囲は会によって異なる

これらのサポート内容については全国各地に設置されている社団法人運営の接骨師会と、サポート範囲を独自に定めている任意団体運営の接骨師会によって大きく分かれます。

OEVLX40

Point2

キャッシュフローの安定化
早期支払い対応

開業後のキャッシュフロー

現金で会計できる自費診療でない限り、売上が手元に現金化されるまで時間がかかります。これこそ開業以降のキャッシュフローが安定化しない理由です。
売上は立っているにも関わらず手元に現金が無いと、導入したい設備導入や販促,税務などにも影響をきたします。

接骨師会による早期支払い

これらを解決する手段として、接骨師会によっては早期支払いを行っています。
キャッシュフローの安定化や積極投資を考えている方は、早期支払いの条件で接骨師会を比べてみることをお勧めします。

Point3

最新の業界動向
情報提供とセミナー

サポート範囲は会によって異なる

これらのサポート内容については全国各地に設置されている社団法人運営の接骨師会と、サポート範囲を独自に定めている任意団体運営の接骨師会によって大きく分かれます。

あなたの整骨院の状況に合った
接骨師会があります

  • 新規開業の方法が分からない
  • キャッシュフローが安定しない
  • レセプト請求作業に不安がある
  • 経費を削減したい
  • 業界動向について知りたい
  • レセコンを変えたい
  • 同業の仲間を増やしたい
  • 患者様に向き合う時間を増やしたい

接骨師会について知っておきたいこと

接骨師会とは接骨院・整骨院経営をサポートすることを目的とする団体です。特に接骨院を経営する上で煩雑になりがちな事務手続きを代行することが大きな強みです。保険を取り扱う整骨院は、月末になると保険請求をを行う必要があります。保険請求作業のためにはレセプトのチェック・発送という作業が毎月発生します。 接骨師会はこれらの作業の全てもしくは一部を代行します。レセプトのチェックや発送作業などの事務作業だけでなく、入金関係の作業まで対応する接骨師会も増えています。レセプト請求などの手続きは専門学校では教わることがないため、開業以降に馴染みない作業に忙殺される院長先生も少なくありません。また不備への対応もすべて対応しているため、整骨院経営に集中することが可能です。全国各地に設置されている社団法人運営の接骨師会と、サポート範囲を独自に定めている任意団体運営の接骨師会によって大別されます。最近では開業サポートまで対応している接骨師会があるため、開業前から開業以降まで経営サポートを受けることが可能です。

その他のサービス

接骨師会について知っておくべき豆知識

接骨師会とは

接骨師会とは接骨院・整骨院経営をサポートすることを目的とする団体です。特に接骨院を経営する上で煩雑になりがちな事務手続きを代行することが大きな強みです。保険を取り扱う整骨院は、月末になると保険請求をを行う必要があります。保険請求作業のためにはレセプトのチェック・発送という作業が毎月発生します。 接骨師会はこれらの作業の全てもしくは一部を代行します。レセプトのチェックや発送作業などの事務作業だけでなく、入金関係の作業まで対応する接骨師会も増えています。レセプト請求などの手続きは専門学校では教わることがないため、開業以降に馴染みない作業に忙殺される院長先生も少なくありません。また不備への対応もすべて対応しているため、整骨院経営に集中することが可能です。全国各地に設置されている社団法人運営の接骨師会と、サポート範囲を独自に定めている任意団体運営の接骨師会によって大別されます。最近では開業サポートまで対応している接骨師会があるため、開業前から開業以降まで経営サポートを受けることが可能です。

接骨師会に入るメリット

接骨師会に入会する最も大きなメリットは時間の短縮です。整骨院経営の中で発生する事務的な手続きの中でも、レセプトのチェック・発送,保険者からの入金の確認,各役所との手続きなどが占める時間は、費やす時間に対して利益を産まない「生産性の低い作業」となります。接骨師会はこれらの作業をアウトソースすることを得意としているため、事務作業を委託することで生まれた余剰時間を経営や患者様との時間にフォーカスすることが可能です。また業務負担を軽減するだけでなく、接骨師会によってはセミナー開催や業界動向の情報提供を受けることができます。経営に集中したい、新しい情報を常にキャッチしたい、という院長先生にとっては大きなメリットになるはずです。

会費や手数料の比較について

社団法人はサポートが画一化されていますが、任意団体の接骨師会の場合にはサポート範囲がそれぞれに異なります。そのため個々の団体によって会費や手数料が独自に設定されています。これらの価格はサービスと比例するものなので、最低限のサポートのみで問題ないというベテランの院長先生は会費や手数料の低い接骨師会へ入会することで問題ないはずです。他方で療養費検討専門委員会などで検討される業界動向に柔軟に対応できる団体やこれらの情報を提供してくれる団体など、会費や手数料が高くてもサポート範囲の広い接骨師会に入会した方が安心して経営に集中できることも事実です。ご自身に必要なサポートを改めて考えた上で、入会する接骨師会を比較してみてください。

レセコンとは

レセコンとはレセプトコンピュータの略で、レセプト(診療報酬明細書)を作成するために用いる専用のコンピュータのことです。接骨師会ごとに指定のレセコンが存在する場合もあります。レセコンソフトを導入したコンピュータそのものを用いる場合と、ソフトウェアそのものを導入する場合があります。そして近年では電子カルテの普及が予想されていることもあり、クラウド型のレセコンを取り扱う接骨師会も増えています。今後整骨院経営の一部は電子化することも予想されるので、コンピュータの故障に伴うデータ破損に備える意味でも一層クラウド型のレセコンが普及していくかもしれません。